5月13日「こまハウス開き」をしてきました。
集ったボランティアでそれぞれの部屋を掃除をします。
トイレ掃除や拭き掃除などもしたかったのですが
水漏れがあるので、水道が出せません。
予定通りに進みませんでしたが
みんな、なんとなく楽しそうでした。

「今年はどこへ行こうかな?」
「何をしようかな?」
と、行事を少し考えました。
遠くまでみんなで行くとなると
自動車が5台くらい必要になります。
ボランティアが5人以上集まれるのは
仕事が休みの週末です。
保養期間中の週末にキャンプや遠足を計画しようと
話し合いました。

IMG_2289

IMG_2294

IMG_2295

この日、畑起こしをしてくれたボランティアさんも来て
動物除けを張ってくれました。
去年から「鹿」が来るようになったので
今年もウロウロしているようです。
鹿の足跡がいっぱいあるので
ボランティアさんは、鹿除けように
テグスも張ってくれました。

IMG_2296

「鹿も生きていかなきゃならんからなぁ
うまいものがある場所はちゃんと覚えているんだよ」
ボランティアのおじさんは言いました。
鹿は鼻や頭部に何かが当たると危険を感じるそうです。
自分より高い位置に障害があると
飛び越えることもないとのことで
テグスは頭部に当たるくらい
高い位置まで張られていました。
今年は大豆の収穫が出来そうです♪
IMG_2297


5月14日 
水漏れの修理です。

こまハウスの周りは雑草がいっぱい生えています。
修理屋さんが来るまでの間、雑草取りしてました。
今年はタンポポがとても多いです。
鼻がムズムズします。
IMG_2300

修理屋さんがやって来て
水漏れしている箇所を見つけ
修理してくれました。

洗面所下の銅管に亀裂が入ってました。
ここから水が勢いよく出てたんですねぇ。
IMG_2301

西側のトイレも、水道管が歪んで水漏れしていたので
部品を交換してもらいました。

2カ所の水漏れを修理して
水道栓を開けてみると。。。

今度は別の場所から水の音がします。
「ここだ〜!」
修理屋さんが指差す場所は
給湯機!

水道栓を再び閉めて
給湯機の水道管を修理してくれました。

修理屋さんは銅管を魔法使うみたいに
破裂してる部分を切り取ります。
紙ヤスリやバーナーを使って
部品を取り付けていきます。
その様子を見ながら
「すごい技術だな〜」と思いました。
生まれ変わったら、設備屋さんになりたい!!
(なんて♪)
とてもカッコよかったです!

こうして、再び水道栓を開き
水が漏れずに水道管を通るか
恐る恐る耳を澄ませます。。。

水が漏れる音はしません。
給湯機も、お湯が出るようになりました。
修理屋さんも私もホッとしました。

「もう大丈夫。
今度、水道栓を止める時は呼んでね
水落としするから」

そう言ってくださいました。

嬉しい言葉でした〜!
ありがとう。修理屋さん。

ということで、こまハウスの水道管は
水漏れする場所もなく
スムーズに水が流れるようになりました。

IMG_2307

IMG_2309

IMG_2310

修理代の請求書が少しコワイけど。。。
なおってよかったです。
これで、水掃除もできます。

次回の「こまハウス 大掃除&雑草取り」は
6月3日です。

ボランティアさん、みんな集まってくれるかな?
私は、カッコーが鳴き始めたので
大豆撒きをしようと思います。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5月17日
北見西ロータリークラブの例会にて、東日本大震災被災児の佐呂間町での保養プロジェクトについて説明をして来ました。30分程度の時間でしたが、たくさんの人の前で保養の説明をするのは初めてなので、とても緊張しました。対面でお話を聞いてもらったことは何度かありましたが、一方的にお話しするのは初めてだったので、皆さんにうまく説明できるかどうかとても不安でした。写真を見ていただきながら、説明をして来ましたが、会員さんは真剣に写真を見ながら私の話を聞いてくださりました。そして、最後に資料につけておいた「こまハウス基金」について少し説明もして来ました。これって募金活動になるんだな〜と思った時、もっとたくさんの方々にこの活動を知ってもらい募金活動すべきなんだろうな〜と思いました。人様の前でポイントを押さえた説明ができるよう、訓練しないといけませんね(。・ω・)ノ゙ 

講演後、謝礼をいただきました。
こまハウスや子供たちのために利用させていただきます。
ありがとうございました。
IMG_2311