昨日は、コープボランティア活動サポート支援の報告書を持って
遠軽町のふくろうカフェまで行きました。
お店に入ると、こまハウスのボランティアさんが来ていました。
ふくろうカフェの店主さんに、活動の報告をしつつ
来年の活動も少し考えて来ました。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今日は午後から、こまハウスへ行き
畑の草取りや、生ゴミ堆肥を畑に埋めました。

大豆がどれかわからないくらい
雑草が元気に育ってます(笑)
2017-08-19-13-58-31

今日は曇り空でしたが
時折晴れ間も出て
風もそよいで、気持ちのよい午後でした。

佐呂間ボランティアのテラちゃんが
せっせと穴を掘ります。
2017-08-19-14-17-06

穴を掘りながら
「来年は〜。。。」と
ありがたい提案をして下さいました。

太くて長いミミズさんがいる畑。
生ゴミ堆肥を、穴に入れて
土をかぶせます。
来年は、もっと栄養たっぷりの畑になってね〜♪
2017-08-19-14-32-48

今回、生ゴミは少なくて、悪臭もほとんどなく
良い状態で埋めることができました。
きっと、分解が進むように
スタッフやお母さん、ボランティアさんたちが
せっせと生ゴミを細かく刻んでくれていた
おかげかな〜?と。感謝!

あ、バケツを洗うのを忘れていました!
次回、活性液を使って洗います!
2017-08-19-14-32-59


次回は、干しっぱなしの洗濯物を
おろしてたたんでしまおう。
と、思います。

大豆もちゃんと大きくなれるよう
草取りしなくちゃ。

ボランティアのテラちゃんと
作業後、こまハウスで休憩しながら
いろいろとお話してきました。

テラちゃんは、期間中2回、ボランティアとして来てくれました。
たった2回なのですが、子どもの様子を見ていてくれて
「食が進んだ子がいた」と話してくれました。

最初は食が進まなかった子が
たくさん食べるようになっていたのを
見つけてくれていたのです。

元気そうに見えて
そうじゃない。
そんな様子を、たった2回でも手伝ってくれた人が
感じてくれたのは嬉しかったです。

小さなことかもしれませんが
保養というのは
「元気」を取られてしまった子どもが
保養活動に参加することで
「元気」を取り戻すのですね。

いっときのことであっても
やらないよりは、やったほうが良い。

「保養って何?」
の、初心者テラちゃんでも
感じたことです。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

やっと、支援者の皆さんへ送ろうと思っている報告書に
手をつけ始めることができました。
作業が遅くてすみません。
もうしばらく、お時間下さい。

「こまハウス」が
保養者にとって、いま
どれだけ必要とされている場所なのか
知っていただけるよう作成したいと思います。

ありがとうございます。